カテゴリー
家電・デジモノ

モバイルWiFiは WiMAXかな

WiFiタブレット,PCとSIMフリータブレット、PCとモバイルWiFiルーター選び。タブレット端末は、Wi-Fi専用の機種と、ネット通信がどこでもできるSIMフリーの機種の2つがあります。

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格。 この無線通信技術のサブセットである移動体通信技術について「モバイルWiMAX」。似たようなものでポケットWiFiとWiMAX どっちもモバイルWi-Fi。

ポケットWiFi(Pocket WiFi)は、ワイモバイル(Y!mobile)。
ワイモバイルの前身はウィルコムとイー・モバイル。これであーなるほどねってなります。

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している高速モバイルデータ通信サービスです。 WiMAXはキャリア回線ではなく、「WiMAX 2+」というWiMAX専用の回線を使用しています。

WiMAXの製品(端末)とサービスを販売、提供している業者(MVNO)が複数あります。WiMAXの性能は同じですが、それぞれ料金とサポートが変わる。 似たようなものですがデータ通信の本流でもあり、対応エリアや速度や容量制限や料金を考慮してもWiMAXだと思います。

さてWiMAX内蔵PC 一瞬便利だと、これが欲しいと思うんですが、結論を言っちゃいます。飛ばす方はどうぞ。最初はいいんですが、やっぱりルーター別持ちの方が現実的だと少し説明します。
WiMAX内蔵型モデルはパソコンの中にWiMAXの通信機能が搭載されている機種。つまりWiMAX内蔵型のパソコンを購入すればWi-Fiルーターを購入せずにインターネット接続ができる。 WiMAXが内蔵されているパソコンは、端末から手続きを行うだけでインターネットが利用できる。パソコンを購入したその日から回線が開通できる。

デメリット WiMAX内蔵PC 現実売れてないので 新モデルが発売されてない。 WiMAXの回線はモバイルWi-Fiルーターを使うことが基本なので、複数のデバイスをネットに繋ぐことができます。しかし、WiMAXが内蔵されているパソコンでは本体となる端末しかネットに接続できません。 スマホやタブレットも一緒にネットに繋ぎたい人は、WiMAX内蔵パソコンは向いていない。WiMAX内蔵パソコンは新しいプランや技術と時間差がある1は対応できるが2は未対応みたいな。 WiMAX内蔵パソコンには軽量モデルがない、持ち歩きやすさを重視したい人にはSIMカードが差し込めるノートパソコンがあります。しかしWiMAX内蔵パソコンとSIMカード対応パソコンは、どちらも本体となる端末でしかネットに接続できません。タブレットやパソコンだけでネットに接続するケースが多い人がWiMAX内蔵パソコンやSIMカード対応パソコンを検討んじゃないかな。

ということで私的にはWiFiは単独ルーターを使いモバイルWi-Fiルーターの本流 WiMAX を選びます。
ここから、どこの会社と契約するかっていう問題になるんです。
ベース網はauのUQコミュニケーションズを共通で使いますから割当にどんだけ人や容量を使わせるかじゃないのかと思います。つまり、どの会社も基本使えるエリア、通信速度は一緒で、あとは料金とか使用制限とか、毎月の金額重視なら迷わず料金の安いプランを全社見に行って探して契約すればいいということになります。それに加えて、個人契約か法人契約かとか、不特定な複数人に使用を認める宿泊施設とか、ルーター買い取りかレンタルか、サポートは必要か否かとか個々の状況で考慮する必要があります。

今回は国内で使う前提でWiMAXをご紹介します。

【カシモWiMAX】Wi-Fiルーター・ギガ放題WEBお申し込み