BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0


BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0

■対応OS:Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11/10.10
■インターフェース:USB3.0/USB2.0
■準拠規格:11ac/11n/11a/11g/11b準拠
■転送速度:11ac:866M、11a:54M、11n:300M、11g:54M、11b:11M
■アクセス方式:インフラストラクチャーモード
■セキュリティー:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP
■電源:5V(USBより給電)■最大消費電力:4.5W

エアステーション 11ac/n/a/g/b 866Mbps USB3.0用 無線LAN子機

技適マーク認証済み商品

周波数範囲(チャンネル):
IEEE802.11ac / IEEE802.11a:5.2GHz / 5.3GHz / 5.6GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz (1~13ch)

11ac未搭載パソコンでも11ac速度にアップグレード
パソコンのUSB端子に接続することで、11ac2×2の高速Wi-Fi通信が可能になります。光通信によるインターネットを利用している方や、ハイビジョン映像をWi-Fi経由で視聴したい方に最適です。

※親機も11acに対応している必要があります。

パソコン内蔵子機の約2.3倍高速
【実効速度】

WI-U3-866DS:491Mbps

パソコン内蔵子機:210Mbps

【測定環境】

無線LAN親機:WSR-2533DHP(FW v1.01)

無線LAN子機:WI-U3-866DS

Intel Centrino Advanced-N 6235(パソコン内蔵子機)

パソコン1:DELL LATITUDE E6540(Intel Core i7 2.8GHz / メモリー 8.0GB)

パソコン2:パソコン1に同じ

【測定方法】

無線親機にパソコン1は有線、パソコン2は無線で接続。

SW IxChariot ver 7.30 sp3にてパソコン1→無線LAN親機→無線LAN子機→パソコン2間の通信を3回測定し平均を算出。(2017年1月 当社調べ)

USB3.0で高速転送
USB2.0の最大転送速度480Mbps(規格値)の約10倍以上のUSB3.0を搭載。11acのスピード性能を余すことなく最大限活かすことができます。

スマートに設置して受信感度もアップ
無線LANの電波は、アンテナを中心に同心円状に広がるため(上下角は約15~30度)、付属のフック付きUSB延長ケーブルを挿してパソコンモニターの裏などに垂直に設置することで、受信が安定し、感度もアップします。

ナビゲーターソフトウェアでかんたん設定
初めての方でも簡単に使える設定ソフトウェアを添付しました。迷わず安心してお使いいただけます。

ボタンを押すだけのワンタッチ接続 AOSS対応
無線LANワンタッチ接続方式の“AOSS”に対応。添付のパソコン用無線LAN接続ソフト「クライアントマネージャ」を使えば、無線LAN親機とパソコン画面の“AOSS”ボタンを押すだけで接続・セキュリティー設定が完了。面倒な入力なく無線LANがスタートできます。


----

楽天市場