アメリカ軍ARMYフィールドテーブルレプリカ

アメリカ軍ARMYフィールドテーブルレプリカ

 アメリカ軍ARMYフィールドテーブルレプリカ

 「アメリカ軍ARMYフィールドテーブルレプリカ」の詳細を見る

 

テーブルも椅子もキャビネットに収納可でコンパクトにまとまり移動に便利!

米軍フィールドデスクは、通称カンパニー(中隊)デスクと呼ばれ主に中隊規模以上の司令部にフォールディングテーブルと共に配備されました。 前線においても、少し後方の中隊本部では平時と変わらない事務処理を行っていました。100人から150人の兵士を管理する中隊本部は中隊長以下数名のスタッフで運営されており、非常に効率的な事務処理が求められました。前線においては常に移動を繰り返さねばならず、本部の設置に時間をかける事はできないため、事務用品には運搬、設置での簡便さとコンパクトさが求められていました。 組み立て式の事務机は1800年代半ば頃から既に存在していましたが、1940年代前半まで基本的な構造は変わらず、棚と天板のみの構造で、厳密に言えば昔の旅行用の移動書斎に近いものでした。後継の1945年に採用されたフィールドデスクは初めて単体で使用できる画期的な構造となり、キャビネット部は側面に配置されており、蓋の内側に脚が内蔵され展開すると天板となります。 効率よく事務処理ができるように棚と引き出しの配置は考え抜かれたデザインになっています。 木製のフィールドデスクは1980年代まで生産が続けられ、90年代にポリプロピレン製のものに更新されました。
1点、1点手づくりの為、溶接による歪みや 鉄をたたいたハンマーの跡がある場合がございます。又、趣き重視の商品の特性上、使用に支障がない程度の扉の開閉などがスムーズでは無い点などがございます。手作業によるサイズの微妙な誤差 色のムラ かすれ等がある場合もございますことをご理解ください。

スペック

【商品名】
アメリカ軍ARMYフィールドテーブルレプリカ
【品番】
EE561YN
【カラー】
グリーン
【材質】

【生産国】
中国
【サイズ】
《テーブル》/H69cm×W60cm×D45cm×脚の長さ60cm
《キャビネット》/H68cm×W60cm×38.5cm
《椅子》/H30cm×W37.5cm×脚の長さ38cm
【保証書】
無し