足臭い対策インソール(靴の中敷き) 菌ピタ君(27.5〜28cm)×4足

足臭い対策インソール(靴の中敷き) 菌ピタ君(27.5〜28cm)×4足

足臭い対策インソール(靴の中敷き) 菌ピタ君(27.5〜28cm)×4足 (メンズ 大きいサイズ) 

税込み価格 円 

素材 

「足臭い対策インソール(靴の中敷き) 菌ピタ君(27.5〜28cm)×4足 (メンズ 大きいサイズ)」の詳細を見る 

備長竹炭の強い抗菌力で足の臭いを根源から対策、防臭!

商品説明

・活性炭には含まれない活性ケイ酸を含み、強い抗菌力!
・活性炭と異なり、日干し等を行うと吸着していたものを放出し、効果は半永久!
・通常の竹炭の2.3倍、空気中の汚れや臭いの元となる有機物、湿気を吸収!
・一枚一枚丁寧に縫製している為、ハサミ不要!

なぜ、何度洗っても、、靴や靴下をこまめに変えても、時間が経つとクサくなる足の臭い(悪臭)が、
面倒な手間をかけることなく、長時間、靴を履いていてもクサくならなくなったのか?

『足の臭いが職場で噂になっていないか不安。』
『靴の試着をする際に、店員さんの前で靴が脱げない』
『足の臭いが原因で振られるんじゃないかと、彼氏の家に遊びにいけない。』
『消臭スプレーを使っている所を、誰かに見られないかヒヤヒヤしている。』

こんな悩みを今すぐ解決したいあなたへ

長時間、靴を履いた後も、人目を気にせず靴が脱げる
足の臭い対策インソール『菌ピタ君』をお試し下さい!!

炭の表面には小さな孔が無数に存在しており、その表面積は炭1g辺り300平方メートル、
1kgで東京ドーム6個分の広大な面積になるのです。

この炭の無数の孔が、湿度や空気中の汚れ、臭いの元となる有機物を効果的に吸着してくれます。

さらに、炭のPH値は、弱アルカリ性〜アルカリ性ですので、雑菌が繁殖しにくい環境を作る事が可能なのです。
つまり靴の中に、炭を常時入れておく事で、雑菌の繁殖しにくい環境になり、足がクサくならないのです!!

そして、今回、持続的に足がクサくならない方法を追求して備長竹炭を使用致しました。

竹炭は、日干しなどを行うと吸着していたものを放出する特性があります。

つまり、活性炭とは異なり空気中の汚れや臭いの元となる有機物を、
一度吸着しても日干しを行う事で、半永久的に使用する事が出来るのです。

さらに、竹炭は活性炭には含まれない活性ケイ酸という強い抗菌力をもつ物質を含んでいます。
その為、竹炭を使用する事で、半永久的に使用でき、活性炭より強い抗菌力を持つ靴の中敷(インソール)が出来るのです。

ここで、備長竹炭とは何だろう?と思われたのではないでしょうか?

備長竹炭とは、炭発祥の地であり伝統的な製炭技術を有する中国にて、備長窯焼で焼き上げた高品質竹炭です。
標高500m以上の高地で生育した孟宗竹だけを使用し、土窯の中で最も高温になる備長窯で、800〜1000度の高温で焼き上げます。

この備長竹炭の孔は、通常の竹炭の表面積の約2.3倍、炭1g辺り700平方メートルに達するといわれています。
つまり、通常の竹炭の2.3倍、空気中の汚れや臭いの元となる有機物、湿気を吸収してくれるのです!!

スペック

【商品名】
菌ピタ君×4足
【品番・型番】
IN00028
【サイズ】
20.5〜21cm
21.5〜22cm
22.5〜23cm
23.5〜24cm
24.5〜25cm
25.5〜26cm
26.5〜27cm
27.5〜28cm
28.5〜29cm

【材質】
表面:アクリル100%
中材:備長竹炭100%
裏面:ポリエステル100%

【取替え時期】
備長竹炭の効果は理論上永続的です。ただ表地の素材は合成繊維です。
ですので、履き続けることによる摩擦による劣化は防ぐことはできません。

靴やスリッパと同じように、履けば汚れたり、擦り切れたり、糸がほつれたりします。
その為、取替え時期は使用頻度や使い方に個人差があるので一概には言えませんが、3ヶ月〜6ヶ月程度です。

【販売元】
サンエイ株式会社

【生産国】
中国

【使用上のご注意】
・定期的に、天日干しを行うと効果的です。1日使用したら、2日間休ませるようにして下さい。
・汚れた場合は軽く水洗いを行って下さい。
・揉み洗いは形が崩れますので行わないで下さい。
・長時間水につけたり、石鹸や合成洗剤を使用して洗わないで下さい。
・乾燥させる場合は自然乾燥させてください。火を使っての乾燥はよく燃えますので、絶対にしないで下さい。
・消臭用としては約3ヶ月〜半年位が目安です。
・使用感には個人差があります。
・使用中、または使用後に異常を感じた場合はすぐにご使用をおやめ下さい。
・本来の目的以外でのご使用はおやめ下さい。

【特記事項】
サイズ違いによる交換、ご返品は受けられませんので予めご了承願います。

 


HOME